2011年12月14日

人柱報告 EMOBILE Pocket WiFi GP02用 (MUGENPOWER HLI-GP02XL) 5000mAh 超大容量バッテリー "バスタブ" 1回目:予想以上の結果

EMOBILE Pocket WiFi GP02用 (MUGENPOWER HLI-GP02XL) 5000mAh 超大容量バッテリーをさっそく試してみた。純正バッテリーの2倍強の容量から、10時間以上持つことを期待したが、実測値は予想以上だった。

朝8時に家を出る時に電源をオンにし、夜9時過ぎに帰宅するまで、13時間強のあいだ電源オンのままで持続したのだ。スクリーンショットからも想像できるだろうが、その間MAPやネットをかなりヘビーに使っている。これなら、念のため純正バッテリーを予備に持ち歩いても、出番は滅多にないだろう。

HLI-GP02XL 1回目

D25HWの超大容量バッテリーでの経験では毎日このペースで使っていると約1年でバッテリーの寿命が来るだろう。それでも、これだけ使い倒せば後悔はない。GP02をヘビーに、かつバッテリ交換や電源オンオフの面倒さなしに使いたい人には必需品だろう。


posted by カレンダアプリ奉行 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

EMOBILE Pocket WiFi GP02用 (MUGENPOWER HLI-GP02XL) 5000mAh 超大容量バッテリー "バスタブ"が届いた。

iPhone 4SとMacBook Airで使用するためにイーモバイルのPocket Wi-Fi GP02を愛用している。バッテリーが5時間程度しか持たないため、モバイルブースターを一緒に持ち歩いて昼過ぎに充電しなければならないのが難だった。

そこで5日にAmazonでEMOBILE Pocket WiFi GP02用 (MUGENPOWER HLI-GP02XL) 5000mAh 超大容量バッテリーを予約していたのが、思ったより早く今日届いた。さっそく充電してみよう。実際にどれぐらいオンのままで使用できるか楽しみだ。

左がHLI-GP02XL、右が純正バッテリー(2200mAh)だ。
バッテリ比較1

さすがに超大容量だけあって分厚い。俗に「バスタブ」と呼ばれるだけのことはある。
バッテリ比較2

おまけとしてスマートフォン対応の手袋が同封されていた。
スマフォ対応手袋1

手袋をしたままでタッチできるのは便利だが、タッチ対応は片手だけだ。
スマフォ対応手袋2


posted by カレンダアプリ奉行 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

激安iPhone 4/4Sバッテリー内蔵ハードケース使用経過報告

2日前の記事「激安iPhone 4/4Sバッテリー内蔵ハードケースの実力は?」の続きだ。

4〜6回目の充放電では、iPhone 4Sでバッテリー警告の出る残20%からスタートして、なるべく触らずにどの程度まで回復するか見てみた。

4回目
4回目前
4回目後

5回目
5回目前
5回目後

6回目
6回目前
6回目後

4回目は20%→78%と成績が悪いが、これはiPhone本体を充電しながらバッテリーケースを充電したためのようだ。大電流になってしまうせいか、充電端子の差込口近くがかなり熱くなった。

5回目はiPhone本体への充電をオフにした状態でバッテリーケースのみを充電し、6回目はiPhoneをケースから取り出してそれぞれ別々に充電した。これだと充電中も熱くならない。

iPhoneの脱着はそれほど手間でもないので、夜中に充電する際は別々に充電した方がよさそうだ。

バッテリー警告が出てからだと100%まで回復しないが、個人的な使用パターンではこれぐらいまで回復すれば帰宅まで十分に持つ。

1900mAhという容量は眉唾で、実際には2000mAhのJuice Pack Plus for iPhoneより1500mAhのJuice Pack Air for iPhone並みではないかと思う。それでも、Juice Pack Airの1/3程度の値段ならいい買い物だったと思う。


posted by カレンダアプリ奉行 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

激安iPhone 4/4Sバッテリー内蔵ハードケースの実力は?

3日前に紹介した「iPhone 4/4S バッテリー内蔵 ハードケース 大容量1900mAh ホワイト Portable Power Case for iPhone 4/4S 日本語説明書付き」が実際にどの程度使えるのか試してみた。

まずiPhone 4S(iOS 5.0.1)をバッテリー残10%まで使い、そこから満充電済みのバッテリーケースで充電する。

バッテリーは最初の数回は十分に実力が出ない(化学反応する活物質が活性化されていない)ので、3回目までは「慣らし運転」だと思ってほしい。

1回目
バッテリーケース 1回目前
バッテリーケース 1回目後

2回目
バッテリーケース 2回目前
バッテリーケース 2回目後

3回目
バッテリーケース 3回目前
バッテリーケース 3回目後

バッテリー残10%から1回目は70%、2回目は77%、3回目は82%まで回復したところで充電が止まった。

個人的には一日中使っていると夕方にバッテリー残が厳しくなってくる程度で、これぐらい回復すれば帰宅まで十分に持つとはいえ、1900mAhという容量から、100%まで回復できると思っていただけに、やや期待外れではある。

ケースのバッテリーでiPhone内蔵のバッテリーを充電するわけだから、ロスが大きいのかもしれない。値段を考えると許容範囲内だが。慣らしが終われば、バッテリー残20%から充電を開始した場合、90%台までは回復が期待できそうだ。

今後も引き続き数回分は記録を取っていきたい。


posted by カレンダアプリ奉行 at 09:44| 関連グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

激安iPhone 4/4Sバッテリー内蔵ハードケース買ってみた

ランディノートで紹介している「iPhone 4/4S バッテリー内蔵 ハードケース 大容量1900mAh ホワイト Portable Power Case for iPhone 4/4S 日本語説明書付き」を買ってみた。

価格は1,980円と激安だ。送料が600円加算されたが、今見てみると送料込みで2,280円になっている。この手のバッテリー内蔵ケースとしてはめちゃくちゃ安い。

まだ一度iPhone充電を試しただけなので容量や安定性が十分かどうかは断言できないが、外観は想像していたより格好いい。4Sにシャキーンとハマる。ミュートスイッチの部分が大きな切欠きになっているので、4Sだけでなく4でも問題なく使えるはずだ。

手に持つとiPhone本体とあわせて200gを超えるせいか、ちょっと重みを感じる。つや消しの黒は指紋が目立たなくて良い感じだ。

Micro USBケーブルと日本語の説明書が付属する。最近のモバイル機器で採用例の多いMicro USBで充電するため、イーモバイルのPocket Wi-Fi GP02の充電にも共用できて便利だ。

ただ、思ったより滑りやすい。液晶面にはカバーが突き出していないので、液晶保護シートをしていない状態で落下させた時に液晶面が地面にこすれると傷が入るおそれがある。

とはいえ、普通なら8,000円〜10,000円程度してもおかしくない。ちゃんと使えれば超お買い得品だ。暇さえあれば4Sをいじっていて、設定を工夫してもバッテリーが一日持たなくなっている人にはお薦めできる。




posted by カレンダアプリ奉行 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

充電不良に接点復活王

先月からたびたびiPhoneの充電不良に悩まされてきた。
MacBookと接続すると、同期はできるのに、「このアクセサリは充電に対応していません」というメッセージが表示されることがある。
何度かコネクタを挿し直すと充電できるのだが、面倒だ。
おそらく接点が汚れているのだろうと、スプレー式の接点復活剤を注文した。結果は上々。


ラベル:接点復活剤
posted by カレンダアプリ奉行 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

逆さ吊りiPhoneのススメ

別にiPhoneを逆さ磔にしようというのではない。今まで、紙の手帳を閲覧するには最低でも片手が、書き込むには両手が塞がった。iPhoneなら、片手もしくは両手を空けられる。

iPhone のドックコネクタに嵌め込むタイプのネックストラップ「Simplism Dockコネクター用ネックストラップ TR-DSI」を使えばいい。首を下に傾げれば、両手を空けたまま、予定や地図を確認できる。首から常時ぶら下げておくのが不安なら、ふだんは胸ポケットに本体を入れておき、使用するときだけぶら下げることもできる。



ホルスタータイプのベルトケースに逆さまに差し込むようにすれば、使用しながら充電もできる。私は「CLIPPINGHOLSTER for iPhone 3GS/3G」を使っている。エアジャケットより少しだけ大きい本体ケースとベルトクリップ付きホルスターケースのセットだ。



充電器には、小型軽量ながらiPhone対応で、0%から1.5回満充電のできる「SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー KBC-L3AS」がオススメだ。



ホルスターケースには、 CLIPPINGHOLSTERと似たような「SANWA SUPPLY PDA-IPH65BK iPhoneマルチハードケース」というのもあるが、これは止めておいた方がいい。合皮製の本体ケースとホルスターケースの摩擦がきつく、スムーズに抜き差しできない。

ただし、逆さ吊りの状態でiPhoneを使うには、逆さまの状態でアプリがまともに表示されるかどうか確かめておかなければならない。下手をすると、180度回転した文字を読まなければならなくなる。

この投稿に続くレビュー「比較!逆さまで起動した時の挙動」では、標準カレンダーを含む6種類のカレンダアプリについて確認していく。
posted by カレンダアプリ奉行 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。