2012年03月06日

Agenda Calendar バージョン2.6 アップデート説明文再翻訳

Agenda Calendar (85円)がバージョンアップされた。

Agenda Calendar 2.6 アップデート1
Agenda Calendar 2.6 アップデート2

アップデート説明文の日本語訳は相変わらず珍妙だ。設定の "Sync on Resume" が "履歴書にSync” や ”履歴書に同期" では何のことだか分からない。

US iTunesの英語のアップデート説明文から訳し直してみた。

Agendaを更に高速化し機能向上させるために先月一杯かけて、同期を劇的に改善しました。お楽しみに(^O^)

新機能
+ "復帰時同期" を設定に追加*
+ 復帰時同期は Agendaが起動する際やバックグラウンドから復帰する際にカレンダーを強制同期します

更新
+ より高速で信頼性の高い同期

修正
+ ドットが時折消失していた
+ イベント作成後に保存/表示されないことがあった
+ 夏時間の問題

* "Exchange"(ActiveSync)同期を使用していない人にのみ "復帰時同期" を推奨します


CalDAVで同期していてプッシュ通知されない場合でも、アプリの起動をトリガにして同期できるようになったらしい。先日のFast Calendar & Tasks (Calvetica) バージョン4.3.3でも同様のアップデートがあった。




posted by カレンダアプリ奉行 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Agenda Calendar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。