2011年11月22日

激安iPhone 4/4Sバッテリー内蔵ハードケース使用経過報告

2日前の記事「激安iPhone 4/4Sバッテリー内蔵ハードケースの実力は?」の続きだ。

4〜6回目の充放電では、iPhone 4Sでバッテリー警告の出る残20%からスタートして、なるべく触らずにどの程度まで回復するか見てみた。

4回目
4回目前
4回目後

5回目
5回目前
5回目後

6回目
6回目前
6回目後

4回目は20%→78%と成績が悪いが、これはiPhone本体を充電しながらバッテリーケースを充電したためのようだ。大電流になってしまうせいか、充電端子の差込口近くがかなり熱くなった。

5回目はiPhone本体への充電をオフにした状態でバッテリーケースのみを充電し、6回目はiPhoneをケースから取り出してそれぞれ別々に充電した。これだと充電中も熱くならない。

iPhoneの脱着はそれほど手間でもないので、夜中に充電する際は別々に充電した方がよさそうだ。

バッテリー警告が出てからだと100%まで回復しないが、個人的な使用パターンではこれぐらいまで回復すれば帰宅まで十分に持つ。

1900mAhという容量は眉唾で、実際には2000mAhのJuice Pack Plus for iPhoneより1500mAhのJuice Pack Air for iPhone並みではないかと思う。それでも、Juice Pack Airの1/3程度の値段ならいい買い物だったと思う。




posted by カレンダアプリ奉行 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。