2011年08月15日

人気カレンダーアプリCalvetica 4の英文設定画面を全文翻訳!その2

人気カレンダーアプリCalvetica 4の英文設定画面を全文翻訳!その1」の続きだ。

具体的に、各設定画面の詳細を説明していこう。丸括弧書きの翻訳に[解説]を追加した。

Events(予定)
設定画面1-1
Event Default Calendar
Event Default Calendar(予定のデフォルトカレンダー)
Available Event Calendar(使用できる予定のカレンダー)
---(省略)---
Check to default event calendar(デフォルトのカレンダーに✓を入れてください)
[新規に予定を作成する際に、カレンダー選択にどのカレンダーがデフォルトとしてセットされるか、ここで指定する]
[現在非表示にしているカレンダーはデフォルトカレンダーに指定できない]
[非表示のカレンダーをチェックしようとすると、"I'm sorry This calendar is currently hidden"(すみません、このカレンダーは現在隠されています)とエラーメッセージが出る]
ERROR SAVING EVENT
[読み出し専用のBIRTHDAY(誕生日)やSUBSCRIPTON(参照)カレンダーもデフォルトのカレンダーに指定できてしまうが、実際に予定を追加する時に、"ERROR SAVING EVENT The event has no calendar set"(予定の保存エラー 予定にカレンダーが選択されていません)とエラーになる]

設定画面1-2
Default Event Alarms 1
Default Event Alarms 2
Default Event Alarms(デフォルト予定アラーム)
Available alarms(使用できるアラーム)
0 minutes before(0分前)
5 minutes before(5分前)
15 minutes before(15分前)
30 minutes before(30分前)
45 minutes before(45分前)
1 hour before(1時間前)
2 hours before(2時間前)
6 hours before(6時間前)
12 hours before(12時間前)
1 day before(1日前)
2 days before(2日前)
3 days before(3日前)
5 days before(5日前)
1 weeks before(1週間前)
2 weeks before(2週間前)
1 month before(1ヶ月前)
Check to add as a default alarm, uncheck to remove as a default alarm.
(チェックを入れるとデフォルトのアラームとして追加され、外すとデフォルトのアラームとして解除されます)
[新規に終日指定以外の通常の予定を作成する際に、予めアラームとしてセットされる指定をここで設定する]
[デフォルト予定アラームが不要なら、全てのチェックを外す]
[デフォルト予定アラームは複数指定することもできる]
[この選択肢以外の、例えば予定開始以後や、特定の日時を設定することはできない]
[指定の時刻になってポップアップする告知は、システム上の都合で、最初はCalvetica Calendarではなく標準カレンダーアプリによってなされる]
[そのポップアップを開くと、当然表示されるのは標準カレンダーアプリの予定になる]
[カスタム通知音を設定した場合は後述]

設定画面1-3
Default All Day Event Alarms
Default All Day Event Alarms(デフォルト終日予定アラーム)
Available alarms(使用できるアラーム)
18 the day before(前日の18時)
22 the day before(前日の22時)
6 the day of(当日の6時)
7 the day of(当日の7時)
8 the day of(当日の8時)
9 the day of(当日の9時)
Check to add as a default alarm, uncheck to remove as a default alarm.
(チェックを入れるとデフォルトの終日予定アラームとして追加され、外すとデフォルトのアラームとして解除されます)
[通常の予定と終日の予定で別々にデフォルトアラームを設定できるアプリはかなり珍しい]
[Week Calendar 4.0では別々に設定できるが、終日予定で当日の朝にデフォルトアラームを指定することはできない]
[miCal - missing Calendar 4.1.2も別々に設定できるが、終日予定の当日の時刻は指定できても前日には指定できない]
[デフォルト終日予定アラームが不要なら、全ての✓を外す]
[デフォルト終日予定アラームは複数指定することもできる]
[この選択肢以外の、例えば前日の19時を指定することはできない]
[指定の時刻になってポップアップする告知は、システム上の都合で、最初はCalvetica Calendarではなく標準カレンダーアプリによってなされる]
[そのポップアップを開くと、当然表示されるのは標準カレンダーアプリの予定になる]
[カスタム通知音を設定した場合は後述]

設定画面1-4
Default Duration 1
Default Duration 2
Default Duration(デフォルト所要時間)
0m(0分)
15m(15分)
30m(30分)
45m(45分)
1hr(1時間)
1hr 30m(1時間30分)
2hr(2時間)
3hr(3時間)
4hr(4時間)
5hr(5時間)
6hr(6時間)
24hr(24時間)
2d(2日間)
[新規に予定を作成する際に、デフォルトの所要時間(開始時刻と終了時刻の差)をここで指定する]
[この選択肢以外の、例えば20分を指定することはできない]

設定画面1-5
Calendar Colors 1
Calendar Colors 2
Calendars(カレンダーの色分け)
Available calendars(使用できるカレンダー)
---(省略)---
Select a calendar to change it's color.(カレンダーを選択して色を変更してください)
[現在のカレンダーの色はカレンダーの名前の左側に表示されている]
[一覧から色を変更したいカレンダーの行をタップすると、色変更画面に移る]
Select Colors 1
Select Colors 2
Available colors(使用できる色)
---(省略)---
Select a color to save it to the current calendar.(色を選択して保存すると現在のカレンダーにセットされます)
[色の名前は全て英語だが、左側にその色が実際に表示されているので問題ない]
[現在選択されている色にはチェックマークが入り、"current selection"(現在の選択)と表示される]
[すでに他のカレンダーで使用されている色には、"in use by another calendar"(他のカレンダーで使用中)と表示されている]
[色をタップして選択し、左上のDone(完了)ボタンをタップすると保存される]

結構長くなった。今日はこの辺にしておく。(その3に続く)


今すぐApp StoreでCalvetica Calendarを購入する


posted by カレンダアプリ奉行 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Calvetica Calendar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。