2011年08月13日

定番カレンダーアプリ TapCal 2.1.0 アップデート詳細解説

定番カレンダーアプリTapCal (600円)がバージョンアップされた。約2ヶ月ぶりの待望の更新だ。

TapCal 2.1.0 アップデート

では、個々のアップデート内容を詳しく見ていこう。

1. 新しい週ビュー
TapCal 2.1.0 アップデート1

以前から待望されていたチャート式週表示がサポートされた。

チャート式週表示の例
チャート式週表示の例

デザイン的にもすっきりして見やすい (年月日や曜日の表記が英語になっているのは設定による。色もユーザ定義したもので細かくいじれる)。

ただ、パフォーマンス改善の余地はまだある。横スワイプでスクロールさせると微妙にぎこちない。

また、Week Calendar 4.0と比べると、操作性はまだ及ばない。

Week Calendarだと、今日の幅を少し広くできる。ピンチ操作で表示日数や表示時間数を変更できる。週の開始曜日を「昨日の曜日」にもできる。新規イベント作成時にボックスを移動したりリサイズできる。

Week Calendarの週ビュー
Week Calendar 4.0の週ビュー

ただし、日ごとに休日設定する機能やToDoとの統合はWeek Calendarにはない。

TapCalのチャート式週表示はサポートされたばかりなので、今後に期待といったところだ。

2. ToDoとカレンダーの統合
TapCal 2.1.0 アップデート2

今まではToDoとカレンダーは画面も独立していて、一度に一覧することができなかった。

各カレンダービューで予定と並べて表示させることができるようになった。

ToDoのリストごとに、カレンダーに表示させるかどうかの設定もできる。

動作も軽快だが、今のところローカルToDoで、クラウド同期ができないのは残念だ。

Googleタスクの正式版APIの公開が待ち遠しい。

月ビューにToDoを表示させた例
TapCal 2.1.0 月ビュー

3. ToDoビューの全面リニューアル
(画像を誤って消してしまったのでここだけスクリーンショットが抜けている)

ToDoはリスト分けできるようになり、ToDoビューではリスト・分類ごとに表示される。

ToDoビュー親画面
ToDoビュー親画面

ToDoビュー子画面
ToDoビュー子画面

ToDoリストの追加や修正はToDoビューでは臨機応変に行えず、カレンダーの編集と同様にカレンダー設定まで行かなくてはならない。

ToDoリストの分類編集
ローカルToDoの分類編集

この辺りのユーザインタフェースは改善の余地があると思う。ActionFocus バージョン2.2.2ではToDoと同様の操作でフォルダを作成できる。miCal バージョン4.1.1ではタスク一覧からワンタップでマイリストを作成できる。

ToDoビューの設定
ToDoビューの設定

サマリ表示というのは、月ビューのプレビュー部分に現在のToDoを一覧表示する機能だ。
ToDoのサマリ表示例

4. 性能の向上
TapCal 2.1.0 アップデート4

追加されたチャート式週表示の週ビューと刷新されたリストビューはまだチューニングの余地がある。

月ビュー、週ビュー、日ビューは元々サクサクで不満はなかった。

5. 検索機能のリニューアル
TapCal 2.1.0 アップデート5

TapCalはバージョン2.0でiOSカレンダーに対応したが、iOSカレンダーは検索の対象外だった。

iOSカレンダーを検索できるようになって、ようやくiOSカレンダーの扱いがGoogleカレンダーに並んだと言える。

ToDoも検索できるようになった。

過去と今日以降を分けて検索できるのは便利だ。

検索速度も速く、実用的だ。

また、検索に履歴を利用できるのは、他のアプリでは.Sched2とCaleveぐらいだろう。

また、従来のリストビューは「リスト」とは名ばかりで、「検索」しかできなかった。

キーワード未入力時は時系列の予定とToDoのリストが表示されるようになり、「リスト」ビューにふさわしくなった。

リストビュー
TapCal 2.1.0 リストビュー

ただ一点、リストビューに切り替えた時、過去と未来を切り替える時、砂時計が出る。パフォーマンスのチューニングの余地があるようだ。

6. 新メニューデザイン
TapCal 2.1.0 アップデート6

これまでは、最下段のビューセレクタがカレンダーと重なっていて、押せない予定が出てきたりした。

新しいメニューデザインが追加され、カレンダーと被らないタブ式のビューセレクタを選べるようになった。

ただし、タブ式を選ぶとカレンダーの領域が少し狭まるため、フォントサイズによっては表示できる予定の件数が減ることもある。

メニューデザインの選択
タブ式のビューセレクタが追加

7. デザイン項目の追加
TapCal 2.1.0 アップデート7

元々、TapCalの画面デザインの自由度の高さはカレンダーアプリの中でも屈指だった。

さらに設定できる項目が追加され、選択日と今日が重なった場合なども見分けやすくなった。

8. 週ビューに週番号を追加
TapCal 2.1.0 アップデート8

日本で暮らしていると「週番号?なにそれ?」と知らない人も多いだろう。

西欧の会社と取り引きする時、納期を週番号で言われて戸惑ったりするらしい。

その週が年初から数えて何週目に当たるかという数字だ。

数え方にはいくつか流儀があり、TapCalで採用されているのはISO-8601で標準化されている方式だ。

EUではこちらが用いられる。

アメリカではこれとは異なるUS式が用いられていて、ISO式とはずれることがあるので注意が必要だ。

なお、週ビューだけでなく、日ビューのヘッダにも週番号を表示させる設定がある。

9. カレンダー設定画面のリニューアル
TapCal 2.1.0 アップデート9

カレンダーがずらりと並んでいたカレンダー設定画面がリニューアルされ、種類ごとに分けて階層化された。

ToDoリストもここで設定する。

10. 不具合修正
TapCal 2.1.0 アップデート10
TapCal 2.1.0 アップデート11

不具合のうち、iOSカレンダーの変更がTapCalに反映されるのが遅れる件は、以前にTwitterでユーザから指摘されていた問題だ。iOSカレンダーとGoogleカレンダーの同期をプッシュでしているのに、Googleカレンダーの変更の反映が遅かったという人はこれで解決するはずだ。


さて、遠慮なく未完成な点も指摘したため辛口の評価と思われるかもしれないが、現状でTapCalはWeek Calendarと並ぶベストアプリの双璧だと思う。

入力編集や操作性では及ばないところがあるが、月ビューの2段階プレビューの見やすさやToDoへの対応はWeek Calendarにも無いものだ。月ビューメインなら依然として第一に薦められる。

今すぐApp StoreでTapCalを購入する
posted by カレンダアプリ奉行 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | TapCal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220016209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。