2011年04月13日

CCalで写真のアップロードが1000枚を超えると同期エラーになる

CCal (700円)バージョン10.6.3を使っていて同期エラーが繰り返し出た。ActionFocusやTapCalやPocket Informantでは問題がないので、CCal固有の不具合だ。しばらく原因が分からず首をひねったが、なんとか突き止めた。

CCal 同期の不具合

CCalには写真をイベントに添付する機能があり、Picasaにその写真をアップロードする設定もある。PicasaにはCCal Albumという名前のフォトアルバムが自動的に作られ、そこに写真がアップロードされるのだが、これが1000枚に達すると、それ以上の追加できなくなり、上のスクリーンショットのエラーになる。

エラーを回避するには、Picasaへアップロードする設定をオフにするか、PicasaでCCal Albumをリネームすれば良い。新しいCCal Albumがまた作られる。
ラベル:CCal 不具合
posted by カレンダアプリ奉行 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | CCal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック