2011年03月20日

カレンダーアプリ人柱報告 weCal II バージョン2.0.7 (350円)

weCal II (350円)はiOSカレンダーと同期するタイプのカレンダーアプリだ。無料版のweCal II Liteもある。アップデートを2.0.7まで重ねているが、日本では無名に近いと思う。

プラス点:

+ 月ビューではカラーダイヤルで日のイベントの埋まり具合が分かりやすい
weCal 2.0.7 月ビュー
+ 詳細ビューを省略して編集ビューを開くのでイベントの編集が楽
+ 時刻入力に工夫がある(Now,00,15,30,45ボタン)
weCal 2.0.7 時刻入力
+ 横画面対応
+ 横にすると自動的に週ビューになる(チャート式でなく日ごとのリスト式)
+ 日ビューでダブルタップすると時刻指定イベントの作成が簡単
+ カレンダー色のカスタマイズ可能
+ 10種類のテーマ
+ バッジに日付や週番号を表示できる
+ シェイクで今日に飛べる

マイナス点:

- 月ビューの日セルにミニテキスト表示なし
- イベント作成時にタイトル入力前にワンタップ必要
- テンプレートや履歴入力なし
- MAP連携なし
- カレンダー表示非表示の選択画面がワンタップで呼べない
- 最近実装されたイベントのコピー機能は操作性がよくない(コピーするとイベントが増殖するだけで、編集するには増えたイベントを開かなければならない)

weCalとweCal IIの違いは、前者が独自のサーバと同期し、後者はiOSカレンダーと同期する点だ。

weCal II有料版と無料版の違いは、招待機能とiAdの有無、コピペの可否だが、iAdはまだ日本では始まっていないので今のところ広告は出ていない。

なお、weCal II Liteアップデート履歴にもバージョン2.0.5で予定のコピーに対応したとあるが、実際にコピーに対応しているのは有料版だけだ。

マイナス点のうち月ビューにミニテキスト表示されないのが致命的な人もいるだろうが、ダイヤル式の表示は予定の埋まり具合を直感的に理解しやすい長所もある。

時刻入力画面にNowボタンがあるのは他にPocket Informantしかない。15分単位でワンタッチ入力できるボタンがあるのもプラス点だ。

ただ、タイトルや場所を入力するのにテンプレートも履歴も利用できない入力編集機能の弱さ、MAP連携の欠如など機能的に不足もある。マイナス点が気にならず、デザインが気に入った人にはお薦めできる。

weCal 2.0.7 情報1
weCal 2.0.7 情報2
weCal 2.0.7 情報3
weCal 2.0.7 情報4
weCal 2.0.7 情報5


ラベル:人柱報告 weCal II
posted by カレンダアプリ奉行 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダアプリレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。