2010年12月05日

GTD対応カレンダーアプリActionFocus 1.1へのダメ出し(下)

ぐずぐずしているうちに、ActionFocusがバージョン1.2にアップデートしてしまった。

GTD対応カレンダーアプリActionFocus 1.1へのダメ出し(中)」の続きだ。

バージョン1.1へのダメ出しに加えて、バージョン1.2での改善点も付記していく。


- ToDo(Action)と予定(Event)を同じ画面で一覧できない

バージョン1.1ではToDoと予定を同じ画面で一覧できなかったが、バージョン1.2ではToday Viewが追加され、リスト形式で一覧できるようになった。Pocket InformantのToday Viewに近い。カレンダーやFocusTab(ToDoでカスタマイズできるビュー)の選択もできる。

- 1件編集ごとの自動同期が無い

バージョン1.1では予定やToDoを1件編集するごとには同期されず、同期させる設定も無かった。バージョン1.2では、設定にSync with Single EditのON/OFFが追加され、1件編集ごとに同期するかどうか選べるようになった。

- 設定画面にバージョンやサポートへの連絡先が無い

バージョン1.1では設定画面にアプリに関する情報が何も記載されていなかった。バージョン1.2では、'About ActionFocus'にバージョン、Twitterアカウント、カスタマサポートのメールアドレス、FacebookファンページのURLが記載されている。

- デフォルトのビューが無い

起動時のデフォルトビューを指定できない。現在の前回起動時の画面に戻るのも1つのオプションとしては欲しいが、起動時に必ずToday Viewを開くなどのデフォルトビューの設定ができるようにしてほしい。

- 起動時に今日にジャンプするオプションが無い

デフォルトビューとも関連するが、現在は起動後に今日の予定を確認するには、画面右上のTodayボタンをタップしなければならない。起動時に今日にジャンプするオプションが欲しい。

- オリジナル休日の設定ができない

土日祝日とは別に、オリジナルの休日を決めてカレンダーの背景色を変える機能だ。さいすけやハチカレンダー2のように個別に日を設定する方法と、.Schedのように休日カレンダーを指定する方法がある。

iPhoneカレンダーアプリの休日設定15本一挙比較」にアプリごとの対応状況を書いたが、.Schedのように指定した休日カレンダーを非表示にしても背景色だけは反映される仕様が最善だろう。汎用性では、CCalのように任意のカレンダーの背景色を設定できる機能が望ましい。

2011/03/24 11:30追記
他のアプリとはやり方が異なるが、バージョン1.7から休日指定したイベントについて、月ビューで日付、週ビューで日付曜日、日/今日ビューで曜日の色を変えられるようになった。休日指定はカレンダー単位や日単位ではなく、イベントの属性の1つとして指定する。

- メニューが全て英語

それほど難しい表現は無いが、日本の市場で上位を狙うなら、メニュー/説明/ヘルプは日本語化されていることが望ましい。

2011/03/24 11:30追記
バージョン1.7でメニューと設定画面が日本語化されたが、不自然な表現が多々見られた。バージョン2.0.1では、翻訳ボランティアとして私が全面的に翻訳し直した。

- 終了時のバックグラウンド同期が無い

ここからは、やや無いものねだり的な要望になる。Googleカレンダーと直接同期する限り、同期に時間を取られるのはやむを得ない。が、CCalとCalenGooが実現しているように、終了時にバックグラウンドで同期するオプションがあれば、同期を待つ必要は無くなる。

- 写真を貼り付けられない

これはCCalとSnapCalが実現している。CCalは複数枚、SnapCalは1枚の写真を予定に貼付できるのだ。これは写真を含むローカルデータのバックアップ機能とセットでないと困るが(SnapCalにはローカルデータのバックアップ機能が無い)、実現すればカレンダーをライフログアプリとしても使えるようになる。

- 他のアプリとの連携が無い

これもレアだが、Pocket InformantがTextExpanderに対応している。メモにタイムスタンプを挿入したい時に重宝する。CCalもバージョン10.7でTextExpander対応を計画している。

日本ではAtokPad対応も需要があるだろう。メモに長文を入力する場合には。


さて、今のところ、日本語でActionFocusの解説をしているのはこのBlogしかなさそうだ。長々とダメ出ししたが、これらが解消されれば、お薦めできるアプリとして余所でも採り上げられるようになるだろう。今後のバージョンアップに期待したい。

なお、この記事で採り上げたアプリのバージョンは、CCal Ver.10.5、Pocket Informant Ver.1.62-1.63、CalenGoo Ver.1.5.9、Refills Ver.1.2.1-1.2.2、.Sched Ver.1.54、さいすけ Ver.1.35-1.36、TapCal Ver.1.2.0、Week Calendar Ver.2.0、ハチカレンダー2 Ver.2.3-2.4、Calvetica Calendar Ver.2.2.2-3.0、iKoyomi2 Ver.1.20-1.21、SnapCal Ver.2.0.1、Calendars Ver.2.0.0、ActionFocus Ver.1.1-1.2、miCal Ver.1.4-1.5である。


posted by カレンダアプリ奉行 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ActionFocus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。