2010年12月05日

有料版CCal 10.5と無料版CCal Classic 9.0.10の違い

有料版のCCalと無料版のCCal Classicの違いについて、ググっても詳しい説明が見当たらない。設定画面を逐次比較するのは時間がかかるので、ざっと気づいたところだけ書き留めておく。

無料版にできて有料版にできないこと

+ iOS3.1での動作(有料版はiOS4.0以降対応)

有料版にできて無料版にできないこと

+ 文字サイズ変更
+ 月/週表示のプレビューをスワイプで出し入れ
+ 終了時バックグラウンド同期
+ iOSカレンダー対応(10.5とiOS4.2.1では参照のみ)
+ カレンダーごとに背景色設定
+ ダブルタップで追加予定の開始終了時刻微調整
+ 横画面チャート式週表示
+ ローカルアラームのポップアップ通知
+ 一日分の予定のポップアップ表示
+ 週番号表示
+ 横画面での予定編集
+ アニメーションのオフやなめらか設定
+ Retinaディスプレイ最適化

2010/12/06 09:40追記
+ iTunesを経由してローカルデータをバックアップ
を書き忘れていた。
また、バージョン10.6で
+ TextExpander対応
+ iPad対応
+ セル内予定の直接タッチアンドドラッグ
+ ローカルなカレンダー色変更(これまではGoogleカレンダーの色も変わっていた)
が追加された。

全体的に動作速度も速いとは言えないが、有料版は無料版より高速化している。

個人的には、有料版に700円出す値打ちはあった。


posted by カレンダアプリ奉行 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | CCal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。