2010年12月04日

miCal - missing Calendar バージョン1.5 アップデート解説

miCal - missing Calendar バージョン1.5のアップデート内容を簡単に翻訳(超訳)して解説してみよう。原文はこちら

新機能

+ 横画面チャート式週表示(week landscape view)の追加

週表示で本体を傾けると横画面チャート式で表示する。週5日と週7日の切り替えもワンタッチでできる。画面左下の時計アイコンは今日へのジャンプ、指差しアイコンは指定日付/週へのジャンプ、左上の▽アイコンは終日予定の表示/非表示だ。

miCal 1.5 チャート式週表示

+ 設定によくある質問(英語)を追加

設定にFAQ(よくある質問)が追加された。ただし中身は英語だ。

改善点

+ 長押しの認識を最適化(認識時間を短く)

miCalでは画面下部のツールバーだけでなく、年→月、月→日、週→日を長押しで移動できる。これまでより長押しの認識時間が短くなり、待たされるイライラが減った。

+ 日表示を最適化(並行したり重なりあう予定が多数ある場合の高速化と正確性)

前との比較をしていないので、よく分からないが、miCalの日表示はタイトルだけでなく場所も表示されてなかなか分かりやすい。

miCal 1.5 日表示

+ 新規読み込みの実行前に日が変わるとダッシュボードの誕生日を更新

カレンダー同期の前に日付が変わった時でも、ダッシュボードの誕生日を更新してくれるようになったらしい。

問題解決

もろもろのバグ修正。省略。




posted by カレンダアプリ奉行 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | miCal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。