2010年11月26日

縦画面で週表示を今日からスタートできるカレンダーアプリは?一挙15本比較

縦画面の週表示(原則としてリスト式)で特定の曜日からではなく「今日」からスタートできるiPhoneカレンダーアプリはどれだけあるか?を中心に調べてみた。

チェックポイント

1) 開始日を「今日」にできるか?
2) 開始できる曜日のバラエティ
3) レイアウトを選べるか?
4) 特定の曜日を非表示にできるか?


CCal バージョン10.5

1) できない。
2) どの曜日からでも開始可能。月表示やスクロール表示と共通。
3) 表示する曜日が奇数の場合、最後の2日をまとめる、上下2段の上を広くする、下を広くするの3択。
4) 曜日ごとに表示・非表示を選べる。平日だけ表示も週末だけ表示も可能。。

Pocket Informant バージョン1.62

1) できる。Settings→Calendar Settings→First Day of WeekのWeek View→Current Day。
2) どの曜日からでも開始可能。
3) 1日目が広く2〜7日目が均等(Standard 7 Day)、土日をまとめる(7 day split)、1日目が広く2〜5日目が均等(Weekdays)の3択。さらに縦の列に並べるか(Top Down)、横の列に並べるか(Left to Right)選べる。
4) 任意の曜日を非表示にすることはできないが、平日だけ表示させることはできる。

CalenGoo バージョン1.5.9

1) できる。Settings→Display and Use→Week viewのFrom current day onをONに。
2) どの曜日からでも開始可能。
3) 今日から開始にすると1日目が広く、2〜7日目は均等に、特定の曜日から開始にすると6〜7日目がまとめられる。Rotate day orderで縦の列に並べるか横の列に並べるかも選択可能。
4) できない。

Refills バージョン1.2.1

1) できない。
2) どの曜日からでも開始可能。
3) 選択したリフィル次第。リフィルは有料無料でいろいろある(リフィルデザインギャラリーにあるのはその一部)。土日をまとめたものも、各曜日均等のものもある。
4) できない。

.Sched バージョン1.54

縦画面の週表示は無い。.Schedの本領は横画面のチャート式週表示にある。

さいすけ バージョン1.35

1) できる。設定→表示モードの設定→週表示モード設定の表示開始曜日→今日の曜日。
2) どの曜日からでも開始可能。
3) 3つのスタイルから選択。どのスタイルでも表示日数が奇数の場合は最後の2日がまとめられる。
4) 表示する日数を開始曜日から5日、6日、7日のうち1つ選べる。

TapCal バージョン1.2.0

1) できない。
2) どの曜日からでも開始可能。設定→月ビューの設定→週の最初の曜日に連動する。
3) 6つのスタイルから選択可能。土日をまとめるスタイル、各曜日均等のスタイル、どちらもある。
4) できない。

Week Calendar バージョン2.0

1) できる。iPhone→設定→Week Cal→Calendar→Week start at→Current day of the week。
2) どの曜日からでも開始可能。
3) テーマは選べるが、どれも各曜日均等の幅。縦画面でもリスト式ではなくチャート式。
4) できない。

ハチカレンダー2 バージョン2.3

1) できない。
2) どの曜日からでも開始可能。
3) 4種類のスタイルから選択。土日をまとめたものも均等なものもある。
4) できない。

Calvetica Calendar バージョン2.2.2

縦画面の週表示は無い。.Schedと同様の横画面チャート式週表示に加えて横画面リスト式週表示はある。

iKoyomi2 バージョン1.20

1) できない。
2) どの曜日からでも開始可能。
3) 1週表示と2週表示をボタンで切り替える。どちらも土日は平日と均等。
4) できない。

SnapCal バージョン2.0.1

1) できない。
2) どの曜日からでも開始可能。
3) 選べない。6〜7日目がまとめられる。
4) できない。

Calendars バージョン2.0.0

1) できる。Settings→View Options→Week view start onをTodayに。
2) 日曜日または月曜日。
3) 選べない。1日目が広く、残りの曜日は均等。
4) できない。

ActionFocus バージョン1.1

1) できない。
2) どの曜日からでも開始可能。
3) 選べない。縦2列レイアウトで、土日も木金と均等。
4) できない。

miCal - missing Calendar バージョン1.4

1) できない。
2) システムのデフォルトに従う。日本でのデフォルトは日曜日始まり。iPhone→設定→一般→言語環境→書式を英語→イギリスに変更すれば月曜日始まりになる。
3) 曜日を縦に並べるか横に並べるかしか選べない。土日も平日と均等。
4) できない。


結論は、縦画面のリスト式週表示で、今日からスタートできるのは、Pocket Informant、CalenGoo、さいすけ、Week Calendar、Calendarsと、全体の三分の一だった。

残りのアプリでも、自由度の高さには大きな開きがある。比較的自由度の高いのはCCal、最低なのはmiCalだ。

なお、レイアウトの違いを含めると膨大な数になるので、今回はスクリーンショットを掲載する予定は無い。どうしても見たいスクリーンショットがあれば、コメント欄で具体的に的を絞ってリクエストして欲しい。


posted by カレンダアプリ奉行 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダアプリレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。