2010年11月16日

経過時間0分のイベントがカレンダーアプリでどう表示されるか

レアなケースかもしれないが、経過時間0分のイベント(予定)を作成した時、バルーン(吹き出し)形式の日表示(Day view)ではどのように表示されるだろうか?

経過時間の不明な時、仮に経過時間0分とすることがある。また、モーニングコールをかけるなど瞬時に終わってしまうイベントの時も、経過時間を0分にしてしまうことはあり得る。

リスト形式の表示なら問題ないが、バルーン形式の表示だと通常は経過時間に比例した高さのバルーンになる。高さが0だと予定の存在に気づかない可能性がある。

疑問に思ったものの、おそらくどんなBlogにもこんな検証は書いてなさそうだ。ならば、自分でやるしかない。

大まかなグループに分けると、3つになる。

(^O^) 最小限の高さでタイトル表示

iPhone標準カレンダー、Pocket Informant、CalenGoo、さいすけ、TapCal、Week Calendar、ハチカレンダー2、Calendars、miCal。

(^_^;) 元々バルーン形式の日表示が無い

Refills、.Sched、Calvetica Calendar、iKoyomi2。

(T_T) タイトルがほとんど見えない

SnapCal、ActionFocus。

SnapCalとActionFocusには改善を要望済みだ。

2010/11/22 16:00追記
ActionFocusのサポートからTwitterで連絡があった。近日公開予定の次期バージョン1.2で改善されるとのことだ。

iPhone標準カレンダー iOS4.1

image-20101116233117.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は小さいが、他のイベントと同じ大きさだ。タイトルと同じ行に場所も同居して表示される。メモは元々表示されない。


CCal バージョン10.5

image-20101116233124.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は、高さに合わせて自動的に通常より小さくなっている。場所やメモは元々表示されない。


Pocket Informant バージョン1.61

image-20101116233130.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は小さいが、他のイベントと同じ大きさだ。高さが足りないので場所は表示されない。メモは元々表示されない。


CalenGoo バージョン1.5.8

image-20101116233137.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は小さく、時間表示の枠に同居している。高さが足りないので場所やメモは表示されない。


さいすけ バージョン1.34

image-20101116233145.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は小さいが、他のイベントと同じ大きさだ。高さが足りないので場所は表示されない。メモは元々表示されない。


TapCal バージョン1.2.0

image-20101116233152.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は小さいが、他のイベントと同じ大きさだ。高さが足りないので場所は表示されない。メモは元々表示されない。


Week Calendar バージョン1.6.3

image-20101116233200.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は小さいが、他のイベントと同じ大きさだ。タイトルと同じ行に場所も同居して表示される。高さが足りないのでメモは表示されない。


ハチカレンダー2 バージョン2.2

image-20101116233208.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は小さいが、他のイベントと同じ大きさだ。高さが足りないので場所は表示されない。メモは元々表示されない。


Calendars バージョン2.0

image-20101116233216.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は小さいが、他のイベントと同じ大きさだ。場所やメモは元々表示されない。


miCal バージョン1.3

image-20101116233224.png

最小限の高さのバルーンになった。タイトルの文字は小さいが、他のイベントと同じ大きさだ。タイトルと同じ行に場所も同居して頭に@付きで表示される。メモは元々表示されない。


SnapCal バージョン2.0.0

image-20101116233233.png

経過時間0分のイベントが単なる線になってしまう。注意深くないとイベントの存在自体を見落としそうだ。


ActionFocus バージョン1.1

image-20101116233247.png

経過時間0分のイベントがほとんど見えない。罫線の両端の点でかろうじてイベントの存在に気づく。よほど注意深くないとイベントの存在自体を見落としそうだ。


元々バルーン形式の日表示ができないアプリについては割愛するが、一応それぞれのバージョンを記しておく。

Refills バージョン1.2.1
.Sched バージョン1.54
Calvetica Calendar バージョン2.2.2
iKoyomi2 バージョン1.20


posted by カレンダアプリ奉行 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダアプリレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。