2010年10月28日

Calvetica Calendarで予定を色分けする方法

Calvetica Calendarに限らず、ハチカレンダー2iKoyomi2Week Calendarといった、iPhone標準カレンダー(iOSカレンダー)に対応したアプリは、初期設定が簡単だ。

インストールするだけで、標準カレンダーで表示しているのと同じ予定が表示できる。Googleのアカウントを設定する必要はない。

しかし、予定を色分けしたいと思ったら、少し手間暇がかかる。

予定の種類ごとにカレンダーを分けて、それぞれのカレンダーを予定の中で指定するのだが、標準カレンダーを含めて、Calvetica Calendarなどの標準カレンダー対応アプリは、自らカレンダーを追加する機能を持っていない。

母艦のMacのiCalや、WindowsのOutlook側で複数のカレンダーを作成すればよいはずだが、私はMacユーザで、iCalを使っていないので、Googleカレンダーを使った複数カレンダーの作成と色分けの手順を書いてみよう。

1. ブラウザでGoogleカレンダーを開いて、画面左の「マイカレンダー」の下にある「追加」をクリックする。

2. 最低限、カレンダー名を入力し、一番下の「カレンダーを作成」をクリックする。

3. カレンダー画面に戻ると、「マイカレンダー」に追加したカレンダーが増えている。カレンダー名の右側の▼をクリックし、好きな色に変更する。

4. ステップ1〜3を、必要なだけ繰り返す。

5. 次に、GoogleカレンダーとiPhone標準カレンダーを同期させる。この方法は、Googleで検索しても、必要以上にややこしい手順が大量にヒットするが、一番簡単な方法がある。「CalDAVでGoogleカレンダーをiPhoneに複数一括登録」を参照してほしい。ここの後半にある「Googleカレンダー: iPhoneの同期設定」はブックマークしておこう。後でカレンダーを追加した時、このURLで追加したカレンダーをチェックして設定を保存する必要がある。

6. Calvetica Calendarを起動してみよう。TODAY画面でカレンダーアイコン(正方形の中にチェックマーク)をタップすると、追加したカレンダーが現れるはずだ。

7. Calvetica Calendarで予定を新規作成すると、先ほどのTODAY→カレンダーアイコン→Set Default Calendar画面でチェックを入れたカレンダーが選択される。

8. デフォルト以外のカレンダーを指定する場合は、予定作成後、予定を横にスワイプする。移動アイコン、カレンダーアイコン、ゴミ箱アイコンが現れる。

8. カレンダーアイコンをタップすると、カレンダーリストが現れる。選択するカレンダーをタップしてBACKをタップすると、予定の頭の点の色が、Googleカレンダー準拠の色に変わっている。

9. ただし、Calvetica Calendarでは、予定のカレンダーを変更すると、変更前のカレンダーの予定と変更後のカレンダーの予定の両方が残ってしまう。おそらく不具合だろう。変更前のカレンダーの予定を横にスワイプして、ゴミ箱アイコンをタップすれば消える。



posted by カレンダアプリ奉行 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Calvetica Calendar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。