2010年10月27日

Refills 1.2 (2)指定日付へのジャンプ

Refillsに今回のバージョンアップで- 指定日付へのジャンプ機能が追加された。

当たり前の機能のように思えるが、リリース当初から指摘されながら、Refillsはこれまで指定日付へのジャンプ機能を持たなかった。

日付指定画面を出すには、画面のボタン以外をタップ→左上に出てくるアイコンをタップ→指定日付へのジャンプをタップと、3ステップ必要だ。

使用頻度の低い機能だという判断なのだろうが、画面上部の年月表示の辺りをタップしたら1ステップで呼び出せる……でも良かったのではないだろうか。

ちなみに、月表示から1ステップで指定日付ジャンプを呼び出せるのは、Pocket Informant、CalenGoo、さいすけ、.Sched、Week Calendar、iKoyomi2だ。

2ステップで呼び出せるのは、CCal、ActionFocusである。

指定日付へのジャンプ機能を未だに持たないアプリも少なくない。SnapCal、Calvetica Calendar、TapCal、ハチカレンダー2、Calendarsだ。いずれも今日へのジャンプ機能はある。Calvetica CalendarとCalendarsには月のショートカットがある。


posted by カレンダアプリ奉行 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダアプリレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。