2010年01月30日

Refillsの意外な短所

Refillsが売れている。AppStoreの仕事効率化の有料アプリランキングで、第3位だ。
カレンダアプリというより日記アプリに近いi手帳を除くと、これまで最も売れていたさいすけが現在第7位、比較的安価なCalenGooが第20位、Pocket Informantが第26位、.Schedが第27位だから、躍進と言っていいだろう。

売れているのは別に不思議ではない。
バージョンが1.03と若い割に、よく練られた設計を感じさせてくれるし、日本語化も進行中だ。
システム手帳のリフィルを模したデザインはとっつきやすい(反面、詳細表示の一覧性の低さが私には致命的なのだが)。

さて、Refillsの長所では長所を述べたので、短所も挙げておきたい。

意外なことに、他のアプリでは当たり前にある、特定の月日へのジャンプ機能が存在しない。
Jump To Todayはあるが、例えば1年先の予定を確認したいと思えば月表示に切り替えてひたすらスワイプしなければならない。
Refillsのスワイプは比較的スムーズなので、数ヶ月先なら苦にはならないが、機能自体が存在しないのはなんとも不思議である。


posted by カレンダアプリ奉行 at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Refills | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
設定ですが、シェイクで当日に戻れます。それ以外の方法が無いのも不便だと思いますが…
それと、週表示や月表示で当日の色を少し変えて表示とか無いので、分かりづらいです。
Posted by goldbeef at 2010年02月05日 23:42
ええ、今日へのジャンプはあるのに(上部バータップ→左のアイコンタップ→Jump To Todayまたは設定でShake actionをJump To Todayに設定)、任意の日付に飛ぶ方法が無いのが困りものです。
Posted by カレンダアプリ奉行 at 2010年02月06日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。