2010年01月28日

GoogleカレンダーとiPhone標準カレンダーを同期させる2つの方法

2ちゃんねるのスレで知ったことだが、参考までにまとめておく。

1) Micrisoft ExchangeとGoogle Syncを利用する方法

iPhone標準のカレンダーとgoogleカレンダーを同期させる一番便利で簡単な方法(複数のカレンダーのアカウント共有可)

複数のGoogleアカウントがなくても、複数カレンダーを同期させる場合は、手順の最後のその6まで実行する必要がある。
利点はGoogle Syncで一度に複数カレンダーを指定できること。
欠点は、Googleカレンダーの色が反映されず、赤→黄→青→緑→紫→赤の順で色が付くため、色の対応が変わってしまうこと。

2) CalDAVを利用する方法

GoogleカレンダーをCalDAVを使ってiPhoneと同期する

得失は1)と逆になる。
利点は、Googleカレンダーの色が反映されること。
欠点は、複数のカレンダーを同期させる場合、各カレンダーのGoogleアカウントURLを1つずつ設定するのが面倒なこと。

色が変わっても気にしない、というアバウトな人には1)を、最初は手間がかかっても一度だけだ、という人には2)をオススメする。

2010/11/14 11:45追記
その後、「iPhone標準カレンダーとGoogleカレンダーを複数同期させる一番簡単な方法」が見つかったので、追記しておく。



posted by カレンダアプリ奉行 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。