2010年01月26日

比較!布団の中で横向きに使う

カレンダアプリを布団の中で横向きになって使おうとした時、Landscape表示が邪魔になる。
90度横倒しになった表示や入力は、ひどく使いづらい。5種類のカレンダアプリではどうなるだろうか?

結論だけ先に書くと、問題があったのは.Schedだけだった。バージョンアップでぜひ仕様を見直してほしい。

Pocket Informant

かつてはLandscapeを抑止できなかったが、Ver.1.20以降は、Settings→General Settings→Landscape Supportで、編集画面/閲覧画面/両方の画面回転を抑止できるようになった。

IMG_0934.PNG

None を選んでも、なぜかタスク編集画面で本体を横倒しにするとLandscape表示になってしまうバグがあるが、布団の中で使うには支障がない。最初から本体を横倒しにした状態でPocket Informantを起動すれば、タスク編集画面でも画面は回転しないからだ。

CalenGoo

設定できる項目の豊富なCalenGooだけに、当然Landscapeの抑止が可能だ。Settings→Colors etc.→Landscape modeで指定する。

IMG_0935.PNG

Refills

日/週/月表示にはLandscape表示がないが、詳細画面と編集画面にはLandscape表示がある。設定でLandscapeを抑止することはできない。
Refillsの売りの1つが、Landscape表示ではQWERTYキーボードで楽に英文を打てるということだからだろう(Titleの頭に時間帯指定も入力できる)。
しかし、最初から本体を横倒しにした状態で詳細画面/編集画面に入っても、画面は回転しない。この辺りはよく考えてあるなと思う。

IMG_0936.PNGIMG_0937.PNG

さいすけ

さいすけは元々Landscape表示に対応していない。したがって無問題。

.Sched

さて、問題の.Schedである。
起動時自動同期をオンにしていて、本体を横倒しにした状態で.Schedを起動すると、Syncing with Google Calendar...の表示が出たまま、同期のくるくるサインが止まらなくなる。おそらく、起動時同期と画面回転がかち合っているのだろう。こうなってしまうと、アプリ終了→再立ち上げを1〜2回繰り返さないと復帰しない。

IMG_0940.JPG

起動時自動同期をオフにすると、起動直後に画面が横倒しになり、文字が90度回転するため、横向きに寝たままだと見づらい。
.Sched では本体縦向きで月表示、横向きで週表示の切り替えを行う操作体系になっているせいか、Landscapeの抑止を選択できないが、回転の抑止(ローテートロック)機能は必要だろう。また、起動時自動同期オンで横倒しのまま起動してもフリーズしないように修正してほしい。現状はまだ、動作テストが甘いと言わざるを得ない。

IMG_0941.JPG

ちなみに、Settings画面を出したまま本体を横倒しにし、doneをタップすると、縦画面のまま週表示の左側が出るという面白い表示になる。
これはこれで、正式対応されればタイムバーが深夜まで表示できて役に立ちそうだ。現状でも左右のスクロールはできるが、惜しいことに1日のリストを出すと画面が乱れる。

IMG_0931.PNGIMG_0932.PNG



posted by カレンダアプリ奉行 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダアプリレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。