2010年01月21日

比較!カレンダーの色変更

Googleカレンダーのそれぞれのカレンダーの色を変更すると、CalenGooRefills.Schedさいすけは同期でそれが反映する。

Pocket Informantでは、単に同期しただけでは反映しない。

Settings→Sync Settings→Google Calendar→Reset Sync→Merge local & serverで反映する。

IMG_0846.JPGIMG_0847.JPG

ただし、Reset Syncすると、最後にデフォルトカレンダーをセットするか聞いてくる。
Noと答えると、Settings→General Settings→Manage Calendarsでデフォルトカレンダーを設定する必要がある。
また、追加したカレンダーの表示もオフになるので(これは不具合かも?)、Show Calendars(カレンダー表示の左上のアイコン)で選択しなおす必要がある。

こうして見るとPIだけが不便なようだが、PIではSettings→General Settings→Manage Calendarsで個々のカレンダーの色を自由に変更できる(Googleカレンダーには反映しない)。
この機能を持っているのはPIだけだ。

IMG_0840.PNGIMG_0841.PNG

さいすけの場合、Googleカレンダーと同期しないオリジナルのさいすけカレンダーだけは自由に色を変えられる(10色から選択)。

IMG_0842.PNG

Refillsは、More→Calendars→Colorsで、Googleカレンダーの色を反映しないMonochromeを選べる。

IMG_0849.PNG

CalenGooは、カレンダーの色自体は独自に変更できないが、Settings→Colors etc.→Proprietary colorsをONにすると、個々の予定の色を自由に変えられるようになる(Googleカレンダーの色には反映しないが、予定のDescriptionに色コードが保存される)。

IMG_0845.PNGIMG_0844.PNG
IMG_0843.PNG

2010/12/07 00:55追記
新しい記事「カレンダーの色を変更できるアプリできないアプリ」も読んでおいてほしい。


posted by カレンダアプリ奉行 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カレンダアプリレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。