2010年01月16日

.Sched Ver.1.33の2つの改善

.Schedが、またもバージョンアップした。
1.32から1.33への小刻みなものだが、私が指摘したことのある問題点が2つ修正されている。

IMG_0732.PNGIMG_0733.PNG

1) Googleマップにジャンプした時に、ピンが立たなかった。

Googleマップにジャンプすると、赤いピンが立つようになった。

IMG_0738.PNGIMG_0739.PNGIMG_0741.PNGIMG_0742.PNG

Ver.1.32ではGoogleマップにジャンプした後、ユーザが自分でピンを立てなければならなかったが、CalenGooやRefillsと同様に、自動的にピンが立つようになった。

妥当な仕様変更だ。

2) 検索結果を編集すると、検索語がクリアされてしまう。

検索結果を編集した後、検索一覧に戻れるようになった。

これまでは5種類のアプリの中で唯一、検索結果の編集によって検索語がクリアされてしまうため、予定を抽出してまとめて変更/削除する作業が非常にやりにくかった。

今回の仕様の変更により、他のアプリと同様に、検索結果を修正しやすくなった。
特に、検索オプションのFutureは、未来の予定だけを抽出できる.Sched独特の機能だ。

ただし、予定に編集を加えるたびにGoogleカレンダーと必ず同期する仕様は変わっていない。
.Schedは同期中に操作すると落ちることがある。

同期関係のロジックを根本的に見直すべきだと思うが、とりあえず、Pocket Informantやさいすけのように、1件編集後に同期させないオプションが欲しい。
現状の仕様では、ヘビーな編集作業をすると耐え難いストレスが溜まる。

また、左右スワイプ→削除タップだけでは削除できず、さらに確認を求めてくるウザい仕様も変わっていない。

IMG_0734.PNGIMG_0735.PNGIMG_0736.PNGIMG_0737.PNG

スワイプ→タップだけで、誤操作避けにはなっているはずだ。
操作性というモノをもっと煮詰めていかないと、先行するアプリには追いつけないだろう。

厳しいことを書いたが、速いサイクルのバージョンアップで、着実に使いやすくはなっている。
今後に期待したい。



posted by カレンダアプリ奉行 at 21:05| Comment(0) | .Sched | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。